So-net無料ブログ作成

ぼくはアスペルガー症候群 [ASD関連図書]



ぼくはアスペルガー症候群  権田 真吾 (著)

2011年6月に出版された、当事者の体験談。
出版当時の年齢は42歳。
成人になってから、認知症を疑ったのをきっかけに、アスペルガーについて自分で調べ、大人を診てくれる専門医を探して受診したケース。
うつ病という二次障害も経験している。

当事者が書いてくれるものは、とても参考になる。
今まで、いろいろな当事者の体験談を読んだが、こ著者のタイプは、今まで読んだものとはまた少し変わっている。
自閉症スペクトラム障害とは、本当に多様で、一括りにはできないものだと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0