So-net無料ブログ作成

発達障害の人が上手に働くための本 對馬陽一郎・著 林寧哲・監修


ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

  • 作者: 對馬 陽一郎
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



これはまさに、発達障害のある本人のための本。

これまで出会った「発達障害の人の就労関係の本」は、支援する側の人や、雇用する側の人が、どういうことに気がついて、どんな配慮をすればいいのかという視点で書かれていたが、この本は、発達障害の当事者が、自分が困っている点を整理して、どうしたら回避してうまく仕事をすることができるのか、どうすれば生活しやすくできるのか、自分自身で解決する方法を見つけるためのヒントが描かれている。

先延ばし癖を何とかしたい、段取りができないを何とかしたい、ケアレスミスを何とかしたい、物忘れを何とかしたい、片付けられないを何とかしたい、職場・仕事の人付き合いを何とかしたい、などのテーマに沿って、一つひとつの問題に対して、具体的な対策案が紹介されている。

仕事中についついネットを見てしまう、約束の時間が守れない、前の日までは覚えていても忘れ物をしてしまう、大事なものをすぐに失くしてしまう、紙の書類の整理が付かない、などの困り感がある方には、とても参考になるともう。

スケジュール管理のためや、メールが来ているのに気づかなかったとか、パソコンの入力ミスを防ぐとか、約束の時間を守れないなどの対策には、パソコン、スマホ、タブレットなどのアプリケーションが紹介され、設定方法なども書かれている。

電話のメモが取れない、報告の仕方や、雑談の仕方、会議についていくには、など、発達障害のタイプごとに、対策案が紹介されている。

発達障害の診断を受けていない人でも、なんだか仕事がうまくいかないなあと感じているだけの人でも、ヒントになるようなことが沢山紹介されていると思う。

ただし、巻頭に書かれているように、会社での仕事、オフィスでの仕事を中心に書かれているものなので、それ以外の仕事に就いている人には合わないと思われるところもあるかもしれない。
しかし、今現在、どんな仕事に就けばいいのかと悩んでいる人なら、この本を読むことで、なるほど、こういうふうに工夫していけば、自分でも会社での仕事をうまくやることができるかも、と、自信をつけることができるかもしれない。

発達障害がある人にも、そうでない人にも、一読をお勧めしたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。