So-net無料ブログ作成
検索選択

場面緘黙児の発話行動の般化を促進するための学校場面におけるフェーディング法の適用 [緘黙]


松村 茂治  行動療法研究,第18巻,第1号,47~69,平成4年 (1992)

2010/04~明治学院大学 心理学部 教育発達学科 教授
1979/04~2010/03  東京学芸大学 教育学部 教授
1973/04~1975/07東京教育大学大学院 教育学研究科

小学生女児の場面緘黙2事例にフェーディング法を中心とする行動療法的介入
特に、学校場面での介入

場面緘黙への介入効果を見定める観点は、
・発話以外の行動変化があるか
治療場面での行動の般化があるか
・自発的な発語が現れているか

目的:場面緘黙児に対するフェーディング法を中心にした介入を計画的に進めることで“般化の困難性”を 克服するための方策を探ること

般化とは
  人や状況を超え、行動の広がりが確実なものになること。
  →行動変容法では、訓練場面以外の場面で、すべての関連する刺激のもとで標的行動が生起するようになること

会話を可能にしたい現場で介入することが必要。
発話のできなさを共感性、社会性の欠如などの社会的行動の未熟さの中に位置づけて対応していくことが必要。
緘黙症状が出現している場面での不安・緊張感の 軽減が必要。  
場面緘黙の問題形成に及ぼす家族の役割についての研究が必要。


どちらの事例も、担任教師および学校の協力を得ることに成功している。

事例2では、対象児の親友Y子への対応の仕方と、タコ踊りへの対応の仕方に、疑問。
[考察から]
ただし、介入の最終段階では、このY子の存在はややうっとうしいものになった。なぜなら、Y子に対する依頼心が強く、また彼女との相乗的な関係の中で、何度か指摘してきた”悪ふざけ”が出現するようになったからである。放課後の学校での介入や相談室での介入から、Y子をフェードアウトしようとしたことが何度かあったが、しかし対象児自身の抵抗に会いうまくいかなかった。

なぜ、悪ふざけするようになったのか、その時のきっかけは何か。
悪ふざけの意味は何だったのか。
セラピストへの攻撃的な言動は、親しみの現れだったのか。
単なる社会性のなさ、と、解釈するだけでよかったのか?


[現実脱感作 ]
恐怖症に適用する技法。患者は、最初にリラクゼーション法を習得する。次に不安をもたらす刺激について不安階層表を作る。最後に、恐怖反応の拮抗反応としてリラックス状態を維持したまま、不安階層表に従って、最も弱い現実の不安場面から順にその場面を体験する(レイモンド;2006)。

*系統的脱感作法:現実脱感作とほぼ同じ手続きだが、系統的脱感作は場面を体験せずに、イメージするのみ。そのため園田(1977)は知的能力の低い人や子どもにはイメージによる系統的感作は、不適当であるとしている。

・「ご褒美や罰を用意しても、お子さん自身の準備ができていなければ発話の促進には繋がらない」
(マクホルム他(2007)P78)

・「ご褒美で発話させようとプレッシャーをかけることも、お子さんが避けようとする場面の一つになりかねない」
(マクホルム他(2007)P78)

場面緘黙の問題は、社会的行動の発達と関連付けて考えるべき
他者に関心を寄せたり、他者の気持ちを考えて行動するなど、日々の家庭での生活にその基礎を持つ


他者に関心がなく、他者の気持ちが考えられないせいでの緘黙とするならば、緘黙の根っこにも、自閉症に似たものがあるのか?

社会的行動を身につけるには、どのような支援が効果的なのか?

両方の事例とも、父親が子ども時代に同じような緘黙様だったこと、現在もコミュニケーションが不得意なことは、子どもの緘黙にどのような関係があるのか。
遺伝的なものか、それとも、家庭で父親と接触が無いという環境からなのか。

場面緘黙の問題形成に及ぼす家族の役割について、その後の研究事例が知りたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ぼくはアスペルガー症候群 [ASD関連図書]



ぼくはアスペルガー症候群  権田 真吾 (著)

2011年6月に出版された、当事者の体験談
出版当時の年齢は42歳。
成人になってから、認知症を疑ったのをきっかけに、アスペルガーについて自分で調べ、大人を診てくれる専門医を探して受診したケース。
うつ病という二次障害も経験している。

当事者が書いてくれるものは、とても参考になる。
今まで、いろいろな当事者の体験談を読んだが、こ著者のタイプは、今まで読んだものとはまた少し変わっている。
自閉症スペクトラム障害とは、本当に多様で、一括りにはできないものだと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ぼくはアスペルガーなお医者さん 「発達障害」を改善した3つの方法 [ASD関連図書]



ぼくはアスペルガーなお医者さん 「発達障害」を改善した3つの方法

2015年11月13日 第1刷発行の新しい本で、著者は整形外科の医師でもある当事者。

ご自分の体験談を書いてくれている本なのかなあと思って読み始めたが、体験談は比較的さらっと書いてあるのみで、アスペルガーの紹介と対処法(お願い)が中心に思えた。

「自分の子どもは発達障害かも」と思い、発達障害について知りたいと思っているお母さんお父さんにとっては、解かりやすく親切に書いてある本。
子どもが困った行動をしたときの考え方や対処方法を書いてくれているのは、いいと思う。

「発達障害」より「非定型発達」と呼んでほしいというのには、同意。

発達障害の分類や、脳の違い、神経伝達物質のことについて、イラスト入りで説明してくれているのは、初心者にもわかりやすいと思われる。
アスペルガーに向いている仕事、向いていない仕事について書いてくれているのは、子育て中の親にとっては、大いに参考になる。

アスペルガーを改善した方法については、研究段階とのことだが、もしかしたら、すごく参考になるのかも。
著者にとっては、とても効果があったらしいので、他の皆さんもやってみていただいて、効果があったのか、そうでもなかったのか、調べてみてくれるといいけど。

ただし、97~98ページの記述は疑問。
「自閉症の子どもは(中略)何らかの原因で、脳の機能に障害が生じて」と書かれてしまうと、妊娠中に何か悪いことをしたからだろうか?と、母親が自分自身を責めることになりかねないと心配する。
「自閉症は治らない病気ではありません」もちょっと。さんざん、「発達障害は、個性だ」と書いているのに、矛盾してしまう。自分に責任を感じた母親が、我が子の自閉症を治そうとして、無理をしてしまうのではないかと心配になる。

ASDの子どもは、できる所を伸ばしてあげて、何か一つ、人よりも優る能力を身につけさせてあげるのが、いいというのは、大いに賛成。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。