So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事がしたい!発達障害がある人の「就労相談」 梅永雄二:編著 [ASD関連図書]

41OkuYN0+RL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg

発達障害の人の就労支援をしている人のための本ではあるが、仕事がしたくても自分に合う仕事になかなか出会えない当事者の人にもぜひ読んでほしい本。

知的障害のない発達障害の人やグレーゾーンといわれている人たちを中心にしているが、どんな症例の人がどんな支援を受けて就労に至ったか、多くの事例が紹介されているので、自分に似たタイプの人たちがどんな仕事を得ているのかを知ることができる。
また、どこに相談すれば解決に向かえるのか、参考になると思う。

ただし、巻末の章に記載されているように、「当事者の体験談は当事者の特性が多様である以上、簡単に一般化はできない。」のであり、「当事者の成功談を安易に当時者支援に生かそうとするのは禁物」である。

各々の事例には、その課題と支援のポイントなどが紹介されているので、さまざまな相談業務にあたっている人たちが本書を参考にして、発達障害についての理解を深めてほしいものだと思う。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

発達障害を持つ子どものサインがわかる本 監修:塩川宏郷 [ASD関連図書]

ADHDダウンロード.jpg

私の師匠である塩川先生が監修した本。
2012年に発行された本なので、診断名などは現在のものとは違っているけれど、発達障害についての基礎的な知識や早期発見・早期支援のためにできることなどについては、現在でも有効な内容である。

1歳、2歳、3歳、就学前後ぐらいの時期に気づいてあげたい発達障害のサインや、気づいた後の対処方法について、わかりやすく書かれている。
食事、排泄、睡眠など生活の中での気になる行動やトラブルに、どうやって対処したらいいかのヒントが分かりやすく紹介されているので、子どもの行動に困っているお父さんお母さんには、とても役に立つと思う。

なにより、章の区切りにちりばめられた「コラム」では、「お互い様の社会」を理想とする師匠の思いが綴られていて、本文よりもコラムを読むことをお勧めしたい。
発達障害診断に関わった経験からのエピソードを盛り込んだ第7章も必見。

師匠はめんどくさいというかもしれないが、DSM-5に準拠した診断名に変えて、同じ内容の改訂版を発行していただきたいものだと思う。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。